第97打 逆転負けも納得のプレー

 先週のアクサレディスは、18番(パー5)で逆転されて2位に終わりました。
でも、さすがに笑いしか出ませんでした。

ご存じの方も多いと思いますが、1打差の単独トップで18番を迎えました。

2位の渡邉彩香ちゃんは2打目をグリーン左のラフへ、私は3打目をグリーン奥へ。

バーディは取ってくるだろうからプレーオフは覚悟していましたが、彩香ちゃんの3打目はカップに吸い込まれました。

見事なアプローチでした!

「うそだろー(笑)」

って思いましたが、

16番、17番もバーディで上がり3ホールで4つもスコアを伸ばした彩香ちゃんのゴルフに、

素直におめでとうといえました。

97−1.jpg
逆転負けはしましたが、久しぶりの優勝争いは楽しかったです

私としては2011年の富士通レディース以来、勝っていません。

絶好の位置にいたのでノドから手が出るほど”優勝”が欲しかったです。

本当、悔しいの一言ですicon:face_sad

ああいう負け方をして、周囲の方には「落ち込まないで」なんて言われましたが、

ぜんぜん元気ですicon:rockicon:heart04

むしろ、そう簡単に勝たせてくれないんだなって思いました。

逆に、ここまで戻ってこられたことの手応えが大きかったですicon:rockicon:sparkling

 単独首位からのスタートで、最初から優勝を意識してのプレーでした。

また、スイングを直していることもあり、朝からドライバーがパラパラでしたicon:golficon:sweat

絶好調ではなく緊張感に包まれていた中で、しっかりと地に足をつけてプレーできました。

前半5バーディを奪って3つスコアを伸ばし、後半に入っても14、15番でボギーをたたきましたが、自分では納得のできるプレーでした。

最終日最終組でプレーしたのは11年の富士通レディース以来です。

久しぶりの優勝争いは、本当に楽しかったですicon:heart01icon:heart01

97−2.jpg
緊張感のあるなかいいゴルフができた手応えがあります

ここ2年間は最終戦までシード権争いのど真ん中にいました。

大王製紙エリエールレディスでは、嫌な緊張感の中で戦っていましたが、それと比べたら、優勝争いの緊張感はとってもいいものだと感じられました。

過去2年の経験が生きているのだと思いましたし、とても自信になりましたicon:heart01

2年間のどん底から復活へのカウントダウンに入っていますicon:cursor_upicon:cursor_up

Tポイントレディスも5位タイに入れましたし、春から成績が出ているので、1年間継続できるようにがんばりますicon:rockicon:heart04