第89打 最高の誕生日プレゼント さいきまちっく31

大王製紙エリエールレディスをもって2013年の私のシーズンが終わりました。

結果は賞金ランキング50位で、ぎりぎり賞金シードを獲得することができました。思えば、今年1年苦しかったです。

blog20131127_01.jpg

賞金シード確保できました!

昨年、大王製紙エリエールレディスは予選落ちに終わり、お家でハラハラドキドキしながらicon:sweat結果を見守って、なんとか50位で賞金シードを死守できました。
今年もなかなか結果が出ない試合が続き、終盤戦になってもシード権を確定させることができませんでした。やっぱりシード選手でいることへの思いはすごく強いのです。かなりメンタル面がおかしくなっていました。ご飯は食べられなくなるし、眠れなくなるし……icon:face_sad

今だから話せますが、出場できなかったミズノクラシックの時です。お家のコタツでくつろいでいると、鼻からスーって液体が流れました。寒い宇都宮です。鼻水ぐらいしょうがないって思って触ってみたら、手が真っ赤。鼻血です。超びっくりicon:face_surprisedですよ。なにせ鼻血なんて生まれて初めてですから。確実にメンタルからきているものだと分かりました。体にまで異変が起こるぐらい、かなりギリギリの状態でした。

大王製紙エリエールレディスのときには賞金シードボーダーラインの51位。賞金シードを守るためにも確実に予選を通って、賞金を加算しなければいけない状況です。
あっ、この時も火曜日にホテルでいきなり鼻血が出ました。ボタボタと流血です。相当きていましたicon:sweat

blog20131127_02.jpg
大王製紙エリエールレディスはすごい緊張感に包まれた
ラウンドになりました

大会が始まっても緊張しっぱなしでフワフワした感じです。初日は1オーバー38位タイと微妙な位置でした。2日目、カットラインは2オーバーぐらいだろうと思っていましたが、12番でダブルボギーをたたいて4オーバーになりました。このときもうダメだicon:face_mistakeと思って、試合中にも関わらず、目頭が熱くなってしまいました。

落ち込んでいるicon:face_shockところに、同組の(諸見里)しのぶちゃんが、暖かい飲み物を買って声をかけてくれました。「元気出してください。絶対に誕生日はいいことがあるから、諦めないでください。私も諦めていませんよ」って。今度は感動でまた目頭が熱くなりましたicon:face_weepicon:heart04

少しでもカットラインに近づこうと思っていた17番パー5。2オンに成功しました。イーグルパットの距離は15メートルぐらいです。

「お願いだから入ってください」

そんな風に思ったパットは、みるみるうちにラインに乗り、気がついたらボールが消えました。今年3個目のイーグルが超大事なところで入ってくれましたicon:sign01icon:sign01

思いもよらないイーグルが決まってくれたおかげで予選通過圏内に入りました。

最終18番は無我夢中です。最後のパーパットは80センチぐらいの下りです。腹をくくりましたicon:rock。これが入らなかったら私の今年はこんなものだったと。

ボールがカップに消えた瞬間、ホッと。胸をなで下ろすとはこういうことなんだと、わかりました。
それと同時に勝負はここからicon:punchという気持ちになりました。

ホールアウトをすると、目を潤ませている勇兄を久しぶりに見て、私も涙が止まらなくなりましたicon:face_weep
大王製紙エリエールレディス2日目は、私の28回目の誕生日だったのですicon:sparkling

あのイーグルは、今までのどんな誕生日プレゼントよりもうれしいものになりましたicon:sun。しのぶちゃんのいうとおりでしたicon:face_confident。私が逆の立場だったとしたら、そんなことができたのかな? と考えたとき、できないかもしれないと思いました。しのぶちゃんは年下だけど、すごいなと尊敬しました。

決勝ラウンドはさらなるドラマicon:ecstoramationが待ち受けていました……

つづく。