第78打 スケールアップ さいきまちっく31

開幕から3戦連続で予選落ちしてしまいましたが、私は至って前向きです。今年は開幕前から二つのテーマを掲げました。

一つは体重アップ。昨年はウエディングドレスを着るためにダイエットをしたので、この時期は例年よりも体重が少なく、1年間体力が落ちていた気がしました。今年は、体重を増やして1年間戦える体を作ることを目指してオフを過ごしました。おかげで前年比5~6キロ増に成功しました。脂肪ではなく、ちゃんと筋肉で大きくしたつもりです。最近、一回り大きくなったとよくいわれますが、きっと筋肉が増えたおかげです。

それからもう一つは、ここ数年、ケガで苦しむことが多かったので、体に負担の少ないスイングに修正しています。

簡単にいえば、今までフェードを打つためにアップライトなスイングをしていたのですが、そのせいか右肩を痛めてしまいました。今年は体の回転に合わせて腕をフラット目に、手首もロックせずに振っています。球筋もドローボールに変わりました。

体重とスイング改造により、飛距離が大きく伸びました。ドライバーが伸びるのはいいのですが、アイアンでも飛ぶようになって、まだ縦の距離感をつかめていません。キャリーでグリーンをオーバーすることも、しばしばです。

それに、フェードを打つときは目標より左を向いて構えていましたが、今はその逆。右に向かないといけないのですが、前の癖で右に向ききれず狙ったところに打てないこともあります。この誤差を修正するのに、少し時間がかかりそうです。

イメージどおりに打てたときには、自分でも驚きの球がでます!これがうまくいったら、自分でもゴルフが楽しみです。

20130327_a.jpg
元気な姿でコーチとして参加してくれた父(右)と、
プロを目指す勇兄(私の後ろ)も一生懸命頑張っ
た宮古島合宿

このスイング改造は、2月中旬に行った宮古島合宿からと、ちょっと遅めでした。肝臓移植をした父が最後の治療を終えて、コーチとして合宿に参加してくれるのを待っていたからです。父の長い闘病生活も終わり、元気な姿で帰って来てくれたことだけでも、私の心には大きなプラスです。今年は以前のように帯同してくれそうなので、本当に心強く思っていました。
私のゴルフはもう少し時間がかかりそうですが、徐々に調子を上げて、以前よりスケールアップしたゴルフを見せたいと思います!!

20130327_b.jpg
「南の島でチョッパー発見!」と、枯れ木で笑わ
せてくれる勇兄

第77打 “開幕” さいきまちっく31

先週のダイキンオーキッドレディスで2013年シーズンが開幕しました!

昨年11月末に試合を終えてから3カ月のオフ。長いようで短かったです。会場で久しぶりにみんなと会うと、今年も開幕したな~って気になりました。

練習ラウンドは栃木・茨城同盟のまゆネエ(下村真由美)、ゆうこりん(三塚優子)と一緒に行いました。3カ月も会っていないと、ガールズトークに花が咲きます。

20130312_a.jpg
ゆうこりん(三塚優子)とまゆネエ(下村真由美)
とともに、栃木・茨城同盟で練習ラウンド!

前夜祭ではスポンサーさんや出席された方とお話をしながらも、まゆネエとのトークが尽きません。話が盛り上がるからついついお酒も進んでしまい、二人とも変なテンションになりつつありました。公の場ということで危険を察知した私は、こっそりウーロン茶を飲んで、まさにお茶を濁しました。

20130312_b.jpg
まゆネエとお酒を飲みながら盛り上がり、ほん
のり赤ら顔

そんなこんなで開幕を迎えましたが、いつでも開幕戦は緊張するものです。だけど、いいのか悪いのかわかりませんが、9年目の開幕ともなるとその緊張感も楽しめます。

結果的には2打足りずに予選落ちに終わりましたが、私なりには満足しています。というのも、このオフはケガをしにくく正確性の高いスイング改造に取り組み、その中で迎えた初戦だからです!まだまだ進行中ですが飛距離は伸びていますし、手応えを感じました。もう少し時間をかけて身につけ、試合に慣れたら楽しみといったところです。

今年も1年間、応援よろしくお願いします!!

第76打 気持ち注入 さいきまちっく31

鎌倉で気合注入のあとに訪れたのは、JONAS GLASS VISION(ヨーナス ガラス ビジョン)というガラス工房です。ここでは吹きガラスの体験ができて、オリジナルのグラスを作れるのです。前々から興味があったので、挑戦してきました。
まず、右腕に布を巻いて極太にして準備します。右腕をかませる犬の調教師みたいです(笑)。

20130304_a.jpg
犬の調教師じゃありませんよ!

そして、鉄の棒の先に小さいガラスの玉をつけて、1200度の溶解炉の中に入れます。

20130304_b.jpg
この小さな玉を

20130304_c.jpg
1200度の溶解炉に入れて

ガラスが溶けてきたところで抜いて、棒を通して吹いて膨らませ、ある程度の大きさになったら形を整えていきます。

20130304_d.jpg
ヨーナスさんの手ほどきを受けて溶かして

20130304_e.jpg
息を吹き込みます。必死です(笑)

20130304_f.jpg
膨らんだところで

20130304_g.jpg
形を整えます

それに好きな色をつけて、1日たったら完成。これをスウェーデン生まれのイケメンガラス師、ヨーナスさんの手ほどきでやりました。

初めての体験でしたが、あの小さな玉に自分の息が吹きこまれてグラスができ上がるんですよ。色や形を含めて世界に一つしかないため、感動モノです。一生の宝ものになります。
実は自分の体験だけでなく、お母さんの誕生日プレゼントにと思って二つ作りました。

20130304_h.jpg
完成品がこれ!真ん中のいびつなのがお母さ
んのです。大切にしてね~

二つ目はヨーナスさんの手ほどきも少なくなり、ほぼ自分一人で作りました。形を整えるのがすごく難しいのですが、案の定、できあがりはいびつでした(笑)。でも、気持ちは込めました。

お母さんもいびつな形に苦笑いしていましたが、「水道水もおいしく飲めるよ」と、いってくれています。
世界に一つしかないグラス、割らないでね!

20130304_i.jpg
ヨーナスさん、お世話になりました!