第58打 有村智恵ちゃんの夢 さいきまちっく31

サマンサタバサガールズコレクション・レディースの練習日に、レストランで偶然居合わせた有村智恵ちゃん。前週のスタンレーレディスでは、連日の霧の影響で27ホールの短縮競技になりましたが、見事に今季2勝目を挙げました。これで賞金ランキングも6位(7月23日現在)に浮上しました。
そこで、わたくしがインタビュアーとなって、智恵ちゃんに話を聞いてきました。

20120727_a.jpg
マイクが近い(汗)

「優勝おめでとう! 今年、日本人では初めて2勝目を挙げた気持ちを聞かせてください」(幸希)

「優勝ということで気持ち的にはうれしいんですけど、1.5ラウンドの短期決戦で最終日に伸ばせなかったので、反省点がすごく多いです」(智恵)

優勝したのに、もう反省なんてさすがに意識が高いです。

「当日になって急にスタート時間が遅れたりすると、集中力を保つのが大変だと思うけど、どうやって”有村智恵”をつくったんですか?」(幸希)

「まだホテルを出発する前に時間が遅れたので、部屋でゆっくりワイドショーを見ていました」(智恵)

「化粧も入念にできたんですね(笑)」(幸希)

「そうそう……ってこら! ロンドンオリンピック開幕前ということで、ちょうど五輪特集をやっていたんです。友達とかも出ているから、けっこう見入ってました。実は、最近メンタルが弱くて、代表選手の活躍を見てたら気になっていました」(智恵)

「メンタルが弱い? どういうこと?」(幸希)

20120727_b.jpg
有村智恵独占インタビュー(笑)

「最近は毎週、すごい緊張して試合に臨んでいたですよ。五輪に出る友達と比べたら……」(智恵)

「意外な一面だけど、そんな真面目な話はいいから!! というより、最終組で高校の後輩(2歳下)の大和笑莉奈ちゃんと一緒だったけど、テレビで見ていて、最後に『バカ!!』っていってなかった?」(幸希)

「いった。つい出ちゃった(笑)」(智恵)

「口パクで分かったよ。何で?」(幸希)

「お互いに、いいプレーができたらと思っていたんです。だけど、笑莉奈は崩れちゃった。最初からプレーもスイングも速いんだもん。こんな最終組のいい位置で回っているのにね。ゆっくり間を持ったほうがいいんじゃないって思ってたから、最後に言葉に出ちゃった(笑)」(智恵)

「後輩思いの先輩は、心配の気持ちを持ちながらのラウンドだったんですね」(幸希)

「私の夢の一つとして、東北高校OGのみんなで最終組を回りたいっていうのがあるんです」(智恵)

「木戸(愛)ちゃんもそうだし、東北高校の出身選手って多いよね。それはすぐにかないそうな夢かも」(幸)

ということで、第一弾はここで終了。続きはまた次回!!

第57打 猛暑 さいきまちっく31

完全に夏ですね。

先週のサマンサタバサレディースの練習日は、全国各地で30度を超え、35度なんてところもあったようですね。会場の茨城県も大変な暑さでした。

例年、2週前の日医工女子オープン、スタンレーレディスぐらいから暑くなってくるのですが、今年は2試合とも涼しかったのです。そのワンクッションがなく、いきなり30度超えは体にこたえます。

バテバテになりながらラウンドをしていると……。イーグルポイントGCの15番グリーンから16番ティグラウンドに行く途中、クールスポット発見しました。

“そうだ、京都へ行こう!!”

といわんばかりの竹林です。京都にきたつもりで、イ ジウちゃんと記念撮影。この竹林の中を歩くとひんやりしました。ゆっくり京都観光したいものですね~。

20120724_a.jpg
そうだ、京都へ行こう!!

20120724_b.jpg
雰囲気のある竹林は涼しいです

ラウンド後は冷やし担々麺。有名なシェフの方がプロデュースしたもので、絶品でした。

20120724_c.jpg
冷やし担々麺、うまっ!!

レストランでゆっくり休んでいると、隣の席に有村智恵ちゃんがやってきました。

前週のスタンレーレディスでは大会2連覇を飾り、日本人では今季初の2勝目を挙げた、ノリにのっている選手です。年は二つ下なのですが、誕生日が同じ11月22日ということで、毎年プレゼント交換させていただいております。

「智恵ちゃん、2連覇おめでとう」

とお祝いの声をかけると同時に、ここだけの独占インタビューもしてみました。

この模様は来週、お伝えしたいと思います!!

20120724_d.jpg
有村智恵ちゃんに独占インタビューしちゃいまし
た(笑)

最後に、今週の1枚。

気温が下がった夕方に、ホテルの周りの川沿いを散歩していたら、上空に珍しいものが。ピンクの雲のようなものが、1本のラインとして浮かんでいました。キレイな空でした。

変な雲じゃないですよね!?

20120724_e.jpg
今週の1枚。ピンクの雲です

第56打 大人も子供も楽しめる さいきまちっく31

先週お伝えしたとおり、キャディのタブチくんが見つけた、おもちゃのまちバンダイミュージアムに行ったお話です。

このミュージアムは、江戸時代にはやったおもちゃやブリキのロボット、ウルトラマンや戦隊モノ、セーラームーンなどのフィギュアといった日本のおもちゃ2万点をはじめ、世界の歴史的な価値のあるおもちゃ、発明王・エジソンの発明品などが展示してあり、わが栃木県が代表する博物館ですね。

私が大好きなエヴァンゲリオンの超合金にはハマりましたが、ガンダム大好きのダンナさんとタブチクンは、水を得た魚のように周りの子どもたちと一緒にハイテンションではしゃいでいました。

20120719_a.jpg
原寸大のガンダムの胸像

原寸大のガンダムの胸像や手、144分の1のホワイトベースなど大きいモノも展示してあって、

「この手はですね、人間を爆風から守ってくれるんですよ」(タブチクン)

と、いろいろ教えてくれて勉強になりました。

20120719_b.jpg
爆風から人を守ってくれるガンダムの手

タブチクンの楽しみは、それだけではありませんでした。

「セイントセイヤだ!!」

聖闘士星矢とは、1986年頃に始まった漫画やアニメであり、一世を風靡(ふうび)した作品だそうです。自分が生まれた年に始まった作品が好きなんて、タブチクンの教養の深さを感じました(笑)。

懐かしいモノ、珍しいモノ、見るモノすべてに心を踊らされ、周りが見えなくなっていた私たち。ここは大人から子供まで、みんなが楽しめる場所です。

20120719_c.jpg
エジソンのコーナーもありました

20120719_d.jpg
聖闘士星矢にもテンションが上がったタブチくん

帰りには旦那さんが、ガンダムのガチャガチャを購入して一生懸命組み立てて、部屋のダンナコレクションに加えられました。

20120719_e.jpg
ダンナコレクションが増えました

そんなオープンウィークを過ごして臨んだスタンレーレディス。練習日は天気がよくて富士山も見えていたのですが、試合に入ると連日すごい霧でした。一寸先も見えない雲の中にいるみたいでした。サスペンデット続きで、27ホールに短縮してしまいました。待機する時間が長かったり変則なスケジュールでしたが、4試合ぶりに予選を通過することができました。これも、おもちゃを見ることで増した集中力のおかげかな!?

20120719_f.jpg
スタンレーレディスは練習日に富士山が見えま
した

20120719_g.jpg
大会が始まると雲の中でした

第55打 尊敬できる小さな巨人 さいきまちっく31

オープンウィークだった先週、地元でゴルフをやりました。父の友人で、私も昔からお世話になっている方。ある老舗旅館の料理長をやっている、通称”親方”です。

親方は和食がメーンなのですが、包丁を持つと人が変わり、何を食べても絶品!!親方が作るものはすべて好物になります。それでいて、ゴルフも同じぐらいうまいんです。自分の身長と変わらない45インチのドライバーを振り回していますが、ハンディキャップ0の腕前。料理もゴルフも極めていて、天が二物を与えた、小さな巨人とでもいいましょうか。私も最近包丁を握るようになりましたが、親方ぐらいゴルフと料理を極めたいです。

20120711_a.jpg
ゴルフ場でミニモニ。おじさん発見(笑)

そんなプロ並みの親方と久しぶりのゴルフでしたが、梅雨とは思えない暑さの戦いとなり、熱射病になって途中棄権してしまいました。でも、帰りに新鮮なアユの塩焼きを食べて、ゆっくり休んだら体調は回復しました!!

20120711_b.jpg
栃木を代表する川魚のアユの塩焼きで元気いっ
ぱい

話は変わりますが、オープンウィークで夏休み気分のキャディ、タブチくんから連絡がありました。

「栃木県に面白いところがあるから一緒に行きましょう」

詳しい話を聞いてみたところ、私はよく分からなかったのですが、ウチのダンナさんが興味津々。結局、行くことになってしまいました。

向かった先は、おもちゃのまちバンダイミュージアム。二人の目当ては、このミュージアムの見どころの一つでもあるガンダムです。

タブチくんもダンナさんもガンダムが大好きみたい。

車がミュージアムに近づくにつれて、そわそわする二人。こんな常態では、中に入るとどうなることやら……。続きはまた来週!

20120711_c.jpg
タブチくんとダンナさんに連れられてきました

第54打 脱チャラ さいきまちっく31

オープンウィークの今週は、家族でのんびり、リフレッシュして過ごしています。

7月になると暑さも増してくるので、栃木県の避暑地、日光霧降高原に足を伸ばしてみました。標高1000メートルを超えるところなので、初夏とは思えない涼しさ。体に何のストレスも感じない気候に、心は癒やされます。

極めつけは、かき氷です。

「四代目徳次郎の天然氷」といって、日光の山奥で冬の寒さを利用して作る、天然の氷のかき氷なんです。これに栃木県のいちご、とちおとめを使った果肉たっぷりのイチゴのシロップをかけます。

天然氷は綿あめのようなふんわりとした触感で、口の中で溶けていきます。やばいです。一気に食べても、かき氷特有の頭がキーンはありません。その氷に、とちおとめの甘さのあるシロップがマッチして絶品です。栃木県の味がコラボした最高の一品は、私の心と体を癒やすのに十分すぎる代物でした。

20120706_a.jpg
日光の夏の風物詩、天然氷のかき氷。手前のチ
ーズケーキもやみつきになる味です

20120706_b.jpg
綿あめののような氷です!!

店内を見渡すと、テレビで何度も紹介されてるようで、嵐の姿もありました。それだけでもちょっぴりテンションが上がりました。

20120706_c.jpg
嵐も食べたことがあるみたいです

話は変わりますが、女子ツアー界でチャラ男の愛称で親しまれている帯同キャディのタブチくんが、6月26日に26歳の誕生日を迎えました。

ケーキを用意して、しっかりお祝いをしました。

20120706_d.jpg
26歳になったキャディのタブチくん

大人の階段をガンガン上っているタブチくん。26歳の抱負を聞いてみました。

「キャディとしてももっと成長して、幸希プロの優勝に貢献することが目標です。それから大人になってきたので、脱チャラですね(笑)」

脱チャラ男宣言です。

早速、髪形を7:3にし、黒ぶち眼鏡シャツもズボンの中にインしていました(笑)

これからは、「髪形が決まらなくてテンションが上がらない」なんて、チャラいことはいわないでね(笑)

タブチくんの成長を楽しみにしたいです。

20120706_e.jpg
26歳、脱チャラ男宣言!!